妊娠成功ガイドブックって何?

もしかして不妊症?

スポンサードリンク





ため息をつく女性妊娠したい。

ずっと、何年もそう思っていました。

結婚してすぐに車を買ったのも、レーシックを受けたのも、緑の多い環境に引っ越したのも全部、いつ赤ちゃんが来てもいいようにと思ってやったこと。

お酒も止めて、甘いものも最小限に。
毎日基礎体温をつけて、0.01度の差に一喜一憂する日々。

そんな風にして待つこと1年。

赤ちゃんはやってきてはくれませんでした。

この頃になると焦りが出ます。

不妊症という言葉も頭をよぎります。

不安で堪らなくなり、
もう病院に行くしかないと決めたとき、私は一冊のガイドブックと出会いました。

紹介ページを読んで一気に目の前が明るくなった

初めて私がこの妊娠成功ガイドブックとであったのはネットの紹介ページ。

何気なく開いたこのページを読んでいて、
どんどんと目の前が明るくなるのを感じました。


妊娠成功ガイドブック
↑こちらが私が目にした紹介ページです。

その紹介ページを読んでいるだけで
どんどんと「妊娠できる・・・!」という自信が湧いてくるんです。
本当に不思議な気分でした。

「実はあなたは不妊症じゃないんです。」

その紹介ページにはそう書いていました。

その頃、ちょうど私は自分が不妊症なんじゃないか・・・と思い始めていた頃のこと。
すごく胸に響きました。

著者はこう続けます。

「実は、私は「ある条件」さえ整えれば「自分は不妊」だという人のほとんどは普通に自然妊娠できると思っています。

(中略)

さらに、”この方法”はこれまでに 8,290 人以上の女性たちが試し、
見事、自然妊娠することに成功しています。」

それなら、自分もできるかもしれない。

そう思いました。

元々疑り深い性格なのですが、この時はこの紹介ページに書いてあることを微塵も疑わなかったのは本当に不思議です。

著者・譚定長先生とは

そもそも、このガイドブックは一体誰が書いているんだって思いますよね。

ここで、このガイドブックを作成した先生についてご紹介しておきます。

横浜・桜木町で漢方薬局を営む薬剤師・鍼灸師である「譚 定長(たん さだなが)」先生です。
1978年、桜木町駅近くに漢方薬局「中国漢方薬寿堂」を創業しています。

譚先生は35歳でご結婚をされます。
めでたく奥様がご懐妊されるのですが、それが運悪く子宮外妊娠・・・。
誤診が続いた結果、卵管一本を切除することに。
その後しばらくは体調を崩された状態が続きますが、お知り合いの老中医(中国漢方の名医)の指導を受けた結果、次第に状況は改善。
ついに見事妊娠、出産に成功したという実体験があります。

譚先生は言います。

「今まで相談に来られた方の中で(当時の)私の妻より体調のわるかった人はいない。
そんな妻でも妊娠できた。
だから、あなたも妊娠できる!」

この言葉を私は信じてみることにしたんです。

それに、自分の名前、住所、営業する薬局まで紹介して嘘をつくことはきっと出来ないと思います。

ここまで言うのは自信があるからでしょう。

これが私がこの「妊娠成功ガイドブック」を購入しようと決めたきっかけです。


実際に「妊娠成功ガイドブック」を購入した私の第一印象とは・・・?

 騙された?妊娠成功ガイドブックを初めて読んだレビュー