「妊活が苦しい」から楽しいに変わった理由とは?

楽しい妊活

スポンサードリンク




笑顔の女性最近、ちょっと妊活が楽しいかも・・・?

これまで購入したどのマニュアルや妊活グッズよりも高い買い物だった
妊娠成功ガイドブック。

飽きっぽい性格の私ですが
「や~めたっ!」
とするにはあまりにも高額すぎました。

とりあえず、何度かガイドブックを読み、
改めて「すべきこととできること」をメモ。

第4章に書かれている具体策は大して難しいことではありません。

ただ、忘れてしまっては意味がありません。

ということで、書き出した内容を寝室と、冷蔵庫のドアの2箇所に貼り付け、
いつでも確認できるようにしました。

そして、問題のレシピですが・・・
これは他のもので代用することに。

このマニュアルではある栄養素(成分)を非常に重要視しており、
できるだけ摂取することを進めています。

だからといって薬膳に使われるその食材たちはスーパーには売ってないものばかり。
(一部はありますが・・・)

ということで、その栄養素を含む他の食材で代用することにしました。

メモを見た夫に
「なにこれ?」と言われましたが、
「ん?ネットで見つけた妊娠しやすくする情報だよ」とだけ伝えました。

ウソではありません。

2万円近くしたとは言いませんでしたが(笑)


私が購入した「妊娠成功ガイドブック」を著作権の侵害ギリギリまでお伝えします!

 譚貞長著書「妊娠成功ガイドブック」をギリギリまで大解剖!


実践して1ヶ月。体に変化はあった?

それはもう、びっくりするくらい

変化がありませんでした。

ですが、不思議とネガティブな気持ちは湧きませんでした。

ガイドブックの最初の方に書かれていたのは
妊活をする上での「心構え」に関する部分だったのですが

初めて読んだ時は

怒った女性こんな精神論、どうでもいいっ!

と思った私。

ですが、これを読んだことで、妊活を続ける上での気持ちが変化しました。
自分と夫の体の力を信じてみよう、と思えるようになったんです。

焦りが消えた。

体の変化というよりは、心に変化があったのが最初の1ヶ月目で感じたことです。

「たったこれだけ」に苦戦し始めた2ヶ月目

譚先生が妊娠成功ガイドブックに書かれた妊娠するための具体策は

本当に誰がみても

「たったこれだけ」

なんです。

数で言えば、おおまかに7つです。

読んでる限り、造作もないことばかり。

でも、毎日となると・・・?

「あ、忘れちゃった!」

「ま、今日はいいか・・・」

がちょくちょく出てきます。

最初の1ヶ月目に比べ、ちょっとやる気指数がダウン。

でも大して気になりませんでした。

マニュアルには「やりすぎなくていい」と書いてあります。

にっこり微笑む女性全体を通して大体出来たらOKにしよう♪

そう思って妊活していました。

私の数年に及ぶ妊活の中で最も緩い妊活時期でしたね。

そしてこの頃が一番楽しく妊活をしていたと思います。

心穏やかに赤ちゃんを待つことがこんなにもウキウキして楽しい時間だと知ったのは
この時が初めてでした。


ここまで思えるのには葛藤がありました・・・。

 騙された?妊娠成功ガイドブックを初めて読んだレビュー


年内ダメならやっぱり病院に行こう

譚先生の妊娠成功ガイドブックを取り入れて2周期が過ぎました。

体調は悪くもないですが、特別良くなった!とも思いません。
ただ、生理痛だけはなくなりました。

以前の私であれば、生理が始まる前日から鎮痛剤を飲むほど生理痛には悩まされていました。

それがふっと消えました。
今思えばそれだけでもすごいなと思うのですが、当時の私は

怒った女性生理痛なんて無くならなくてもいいよ!
それより妊娠がしたいのっ!

と思うばかり。

焦りがあるわけではないのですが、
妊娠したいという気持ちは冷めることはありませんでした。

そこで私が思ったのは

困った表情の女性年内に妊娠しなかったらやっぱり病院に行こう。

季節は12月。

今週期がダメなら病院に行こうと決めました。

譚先生の妊娠成功ガイドブックは良くも悪くも「手ごたえ」を感じることがありません。
自分の体が良くなっているのか、そもそも変化しているのかが分からないのです。

生理痛が無くなったのはいいことだけど、それだけで「妊娠が近づいている」と感じることは出来ませんでした。

妊活の成功は妊娠しか無いと思っていた私(今はちょっと考え方が違います)は、
もっと妊娠に近づいているのかどうかの予測がしたいと思うように。

そんな風に考え始めると、ガイドブックだけよりももっと変化のある事=不妊治療を求めてしまったのです。

クリスマスの夜に生理・・・?

もうすぐ生理が来る頃だなぁ・・・と思ったクリスマスの夜。
テレビで歌番組を見ていると、何かが流れ出る感覚がありました。

ため息をつく女性あ・・・きちゃった・・・。

今でもよく憶えています、あの時のがっかり感。
リセットは何度経験しても慣れるものじゃないですね。

テレビでは平井堅さんが熱唱中。

「血を見るまではあきらめないぞ!」
と思っていましたが、トイレに行ってみるとオリモノシートに血が・・・。

よりによってクリスマスの夜なんて・・・。

泣きたくなる気持ちを堪えてナプキンを装着し、
テレビを見ている夫に伝えました。

「生理きちゃった。」

「・・・そっか。」

それ以上のことはなく、私はセーブしていたビールをごくごく。

あと数日で迎える年明け。

怒った女性来年こそは絶対妊娠するからねっ!

そんな気持ちでクリスマスの夜を過ごしました。

何かおかしい・・・と気がついた数日後

生理がきた、と思ったのにその翌日も翌々日も血が出ません。

ため息をつく女性あ~とうとう体までおかしくなっちゃったか・・・。

そう思ったりもしたのですが、ふと基礎体温のことが気になりました。

生理を迎える1日前には低温期へと移行する形になるのが私のいつものパターン。
なのに、クリスマスの夜以降もずっと高温期のままなのです。

お酒を飲みすぎたから・・・?

と最初は思っていました。

基礎体温は前日の夜にお酒をたくさん飲むと翌朝高く出ることは経験上知っていました。

でも、それが何日も続くことはありませんでした。

ここに来て、
もしかして・・・と思い、胸が破裂しそうになるほどドキドキしました。

慌てて近くのドラッグストアで妊娠検査薬を購入。

震える手で検査した結果

なんと陽性反応が・・・!

譚先生の妊娠成功ガイドブックに取り組んで
3ヶ月目の出来事でした。

妊活が楽しいと感じてから変わった

当時は分かりませんでした。
でも、妊活の内容というよりは、妊活している自分を楽しんでいると感じてからは毎日に笑顔が増えました。

焦りが消えることがこんなに楽なんだと知りませんでした。

焦りはストレスでしかないのかもしれません。

軽視していた精神面ですが、
もしかしたら、精神的な部分の影響って大きいのかもしれないなと感じています。

譚先生の妊娠成功ガイドブックの中でも、気持ちの部分については幾度も触れています。

じゃあ、どうしたら妊娠までの時間、妊活を楽しむことができるのか・・・?

それは本当に考え方ひとつなんだと
私はそのガイドブックから教えてもらいました。


全てがハッピーエンド・・・ではありませんでした。

 待望の妊娠!そして流産・・・この時支えてくれたものとは



妊娠成功ガイドブック
 譚貞長著書「妊娠成功ガイドブック」の公式ページを見る